上野日記

自分が主人公の小さな物語

さくらももこの『さるのこしかけ』を読んだ

さくらももこのエッセイ『さるのこしかけ』を読んだ。初期エッセイ集三部作『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』はいずれもミリオンセラーを記録したらしい。

自分が体験した身近な出来事を面白おかしく書いてある。そんなに悪口書いてもいいのと心配したりすることもあるが、笑えるエッセイだ。『たいのおかしら』も読んでみるかな。


『もものかんづめ』を読んだのは、もう20年前のことだ。当時ボストンに赴任しており、日本に一時帰国した時に購入してボストンで読んだ本だ。一緒に赴任していたK君(同じアパートの別の階に住んでいた)が私の部屋で読んでいて、大笑いしていたのを思い出した。

© 2002-2017 Shuichi Ueno