上野日記

自分が主人公の小さな物語

東野圭吾の『むかし僕が死んだ家』を読んだ

東野圭吾の『むかし僕が死んだ家』を読んだ。1994年に双葉社より刊行された長編ミステリー小説だ。

7年前に分かれた恋人には幼いころの記憶がなかった。同窓会で再会。しばらくして彼女から一緒に行ってほしいところがあると依頼される。彼女の父親が残した地図と鍵をたよりに、古びた山荘で過去の謎を究明することになった。
それにしてもこの山荘には色んな手がかりが残されていて(それがこの推理小説の伏線なのだが)、断片的な情報でよく解明できたものだと感心してしまった。小説だけどね。
題名に「僕」とついていたので、主人公(語り部)に絡む謎があるのかと、どこでどんでん返しがあるのかと、読み進めるうちに期待は高まったが、「あ、そういうようことね」と納得してしまった。期待は半部裏切られたが…。

© 2002-2017 Shuichi Ueno