上野日記

自分が主人公の小さな物語

江ノ島から鎌倉へ……結婚式

先週買ったヘルメットとバックミラーをつけて、また江ノ島に向かった。帽子だと頭が蒸れて気持ち悪かったが自転車用ヘルメットは風通しもよく、なかなか快適だった。バックミラーも本領発揮で、もっと早く付ければよかったと思ったぐらいである。ただ、ハンドルのグリップエンドに付けるタイプで、向きが自由にならずちょっと邪魔くさかった。

今日は、いつもとは逆に江ノ島から鎌倉に向かった。走るとちょっと風が冷たく感じるくらいだったが、今日も天気に恵まれた。空には6月とは思えないような筋雲が広がり、太陽のまわりに虹の輪ができていた。久々に見たような気がする。一応写真を撮ったのだが、よくわからない絵となってしまった。残念。

鎌倉は鶴岡八幡宮に立ち寄った。
 
相変わらず人が多い。今度こそ上までの登ろうか思ったのだが諦めた。新入社員の頃同期と来たときは登ったはずだが記憶にない……。
ふと気付くと、遠くから篳篥(ひちりき)だか笙(しょう)だかの音色が聞こえてきた。雅楽でもやっているのかと思っていたら、なんと結婚式だった。雅楽隊を先頭に巫女さん、そして新郎新婦、その後ろを親族が行列をなしてこちらに来るではないか。こんな結婚式もあるんだと思っていたら、周りは人だかりになっていた。恥ずかしくないのだろうか、と勝手なことを思いつつ、そこを後にした。

© 2002-2017 Shuichi Ueno