上野日記

自分が主人公の小さな物語

さらに皮膚科へ

今日は、歯医者の帰りに皮膚科の病院に寄ってきた。この際、気になることはちゃんと直しとこうかなと思ったからだ。

額とあごのできものは、もう十数年になる。時々、いじったり、かさぶたのようなものを引っかくのでなかなか治らなかった。先生もいきなり「いじってるでしょう。駄目だよ」と……、ドクハラか。このままじゃ、診断ができないということで、炎症を抑える軟膏が処方され、来週また行くことになった。

歯も皮膚も、なかなか直ぐに治療が終わらないのが歯がゆい。

© 2002-2017 Shuichi Ueno