上野日記

自分が主人公の小さな物語

2015-10-10から1日間の記事一覧

池井戸潤の『最終退行』を読んだ

池井戸潤の『最終退行』を読んだ。2004年に小学館より刊行された長編ミステリー小説だ。以下の概要は裏表紙より: 都市銀行の中でも「負け組」といわれる東京第一銀行の副支店長・蓮沼鶏二は、締め付けを図る本部と、不況に苦しむ取引先や現場行員との板挟み…

© 2002-2019 Shuichi Ueno