上野日記

自分が主人公の小さな物語

2011-09-10から1日間の記事一覧

鉢呂とハチロー

“鉢呂”と言えば今「死の町」という失言や報道陣に「放射能をつけた」というような発言で最近お茶の間を騒がせている鉢呂吉雄経済産業相だ。民主党内部からも辞任論が浮上しているが、当の本人は10日「全力を挙げて原発事故の収束に今後も頑張っていきたい」…

東野圭吾の『あの頃の誰か』を読んだ

東野圭吾の『あの頃の誰か』を読んだ。2011年に光文社文庫から刊行された、短編小説集だ。約20年前のバブル時期に書かれたもので、単行本未収録の「わけあり作品」だそうな。なぜ「わけあり」かは作者があとがきに書いている。「シャレードがいっぱい」、「…

© 2002-2020 Shuichi Ueno