上野日記

自分が主人公の小さな物語

今村昌弘の『屍人荘の殺人』を読んだ

今村昌弘の『屍人荘の殺人』を読んだ。2017年に東京創元社より刊行された長編ミステリー小説だ。第27回(2017年度)鮎川哲也賞を受賞した作品で、その他「このミステリーがすごい!2018年版 第1位」、「週刊文春ミステリーベスト 第1位」、「2018本格ミステリ・ベスト10 第1位」のデビュー作にして前代未聞の3冠を取ったらしい。

f:id:uenoshuichi:20180929114724j:plain:w400

以下の概要は表紙裏の概要より:

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。緊張と混乱の一夜が明け―。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!!究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?!奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作!

賞受賞作なので図書館に予約したのだと思うが、上記概要を読んで「ペンションで殺人が起きて、探偵少女が謎解き・犯人捜しをするんだろうな」と思っていた。(一部ネタバレになってしまうが)えぇーっ、ゾンビが大量発生した。「ホラーミステリー」なの? しかも密室殺人、殺害方法(噛み後)からして犯人はゾンビ、でもそのゾンビはどこにもいない…。そして再び殺人発生、やはりゾンビに殺されている。人間とゾンビの共犯なのか…。謎が謎を呼ぶ。うーん、さすが賞を取るだけあって、非常に面白かった。

© 2002-2018 Shuichi Ueno