読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上野日記

自分が主人公の小さな物語

村田沙耶香の『コンビニ人間』を読んだ

村田沙耶香の『コンビニ人間』を読んだ。2016年に文藝春秋より刊行され、第155回芥川龍之介賞を受賞した長編小説だ。

以下の概要はAmazonより:

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か? 現代の実存を軽やかに問う衝撃作。

「普通」に就職して、「普通」に結婚して、「普通」に子供をもうけて、「普通」に人生を終える。それが「こちら側」で、普通でないのが「あちら側」だ。人の数ほど人生はあるのに、「普通」でないと奇異に見られてしまう。それが現代社会なのか…。

© 2002-2017 Shuichi Ueno