上野日記

自分が主人公の小さな物語

池井戸潤の『最終退行』を読んだ

池井戸潤の『最終退行』を読んだ。2004年に小学館より刊行された長編ミステリー小説だ。

以下の概要は裏表紙より:

都市銀行の中でも「負け組」といわれる東京第一銀行の副支店長・蓮沼鶏二は、締め付けを図る本部と、不況に苦しむ取引先や現場行員との板挟みに遭っていた。
 一方、かつての頭取はバブル期の放漫経営の責任をもとらず会長として院政を敷き、なおも私腹を肥やそうとしている。リストラされた行員が意趣返しに罠を仕掛けるが、蓮沼はその攻防から大がかりな不正の匂いをかぎつけ、ついに反旗を翻す。
 日本型金融システムの崩壊を背景に、サラリーマン社会の構造的欠陥を浮き彫りにする長編ミステリー。

旧日本軍が隠したとされる金塊の話、銀行会長の裏金の話、バブル崩壊後の銀行の貸し剥がしの話、ずる賢い支店長と色々と虐げられ銀行のあり方に疑問を感じる主人公の副支店長。やっぱり倍返しだったか…。まあまあかな。

© 2002-2017 Shuichi Ueno