読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上野日記

自分が主人公の小さな物語

海堂尊の『ブレイズメス1990』を読んだ

海堂尊の『ブレイズメス1990』を読んだ。2010年に講談社より刊行された長編小説だ。バブル三部作として分類されている2作目で、『ブラックペアン1988』の2年後を描いている。

以下の概要はAmazonより:

大学病院にまた革命児が!
 外科研修医世良の任務はモナコから天才外科医天城を連れ帰ること。東城大病院は大荒れとなり日本初の公開手術の結果は!?
 会議室がふたたび喧しくなる。患者に賭けをさせるなんて、とか、財産の半分を取り上げるなんて許せない、という抗議が口々になされる中、天城は平然と話を続けた。「目的は、患者からカネをむしりとることにはありません。ルーレットに勝つかどうかで、患者の天運を量るのです。私は患者の財産の半分を頂戴するが、それはすべて天に預けてある。私個人は治療費を一切受け取らず、グラン・カジノで基金として運用しているんです」

ブラックペアンから2年後、世良は佐伯病院長より命を受けモナコ公国にいる天才外科医の天城を連れて帰った。天城への依頼は桜宮に心臓外科センターを設立するためだ。東城大学病院のほぼ全員が天城と敵対し、そのお守り役に世良が任命された。天城は日本初の公開手術を成功させ、「スリジエ・ハートセンター」創設の準備が整いだす。
またまた突拍子もないキャラクターが現れ、お守り役を任された世良は翻弄する。世良と花房の関係が深くなったり、若かりし頃の桐生恭一(チーム・バチスタ)も少しだけ登場していた。続編の『スリジエセンター1991』が楽しみだ。

© 2002-2017 Shuichi Ueno