読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上野日記

自分が主人公の小さな物語

自転車のシフトケーブルを交換した

約26年前に購入したい自転車のシフトケーブル(ギヤチェンジ用のワイヤー)が切れそうだ。かなり前から錆びついていたので時々油を塗っていたのだが、とうとう束になっている鉄線の内の数本が切れてしまった。もう限界を超えている。

早速、Amazonで「SHIMANO ロード用SUS シフトケーブルセット [Y60098022] ブラック」を購入した。今度はステンレスなのでは錆びにくいかな。ケーブル切断にはペンチで大丈夫だろうと高をくくっていた。古いケーブルは簡単に切断できたが、アウターケーシング(チューブのような管)を切ろうとするも全然歯が立たない。仕方ないので近所の自転車屋でワイヤーカッターを買ってきた。

ひょっとしたらブレーキケーブルもかなり錆びているのでやばいかも。早めに交換するかな。

シフトワイヤー交換

作業手順についてはYouTubeにアップされている複数の動画を参考にさせてもらった。便利な世の中になったものだ…。簡単にまとめておくと以下のようになる。

  1. 後輪は重い、前輪は軽いギヤにシフトする
  2. インナーキャップを外す
  3. ワイヤーを止めているボルトを緩める
  4. ワイヤーを抜く
  5. アウターケーシングを抜く
  6. 古いアウターケーシングと同じ長さに新しいアウターケーシングをそろえて切る
  7. カット面を画鋲の針で広げる(必要であればヤスリで削る)
  8. アウターキャップを付ける
  9. アウターケーシングを付ける
  10. インナーワイヤーを通し、仮止めして確認する
  11. 余分なワイヤーをカットしインナーキャップを付けてペンチで締める


© 2002-2017 Shuichi Ueno