上野日記

自分が主人公の小さな物語

海堂尊の『ジェネラル・ルージュの伝説』を読んだ

海堂尊の『ジェネラル・ルージュの伝説 海堂尊ワールドのすべて』を読んだ。2009年に宝島社より刊行された短編小説などが収録されている書籍だ。文庫本には2つの短編が収録されているのでそちらを読みたかったが図書館の書架で見つけたこれを借りてきた。

この伝説は『ジェネラル・ルージュの凱旋』の中ですでに伝説として言い伝えられている速水晃一の研修医時代の活躍が描かれている。
なるほどね。猫田主任もなかなかやるね。

後半の「海堂尊ワールド」は読み飛ばしてしまいました。ごめんなさい。

© 2002-2017 Shuichi Ueno