上野日記

自分が主人公の小さな物語

戸塚アンダーパス開通

50年来の悲願ついに…
 戸塚駅北側にある戸塚大踏切は、ピーク時には1時間のうち57分が遮断されている「開かずの踏切」です。街の東西の往来に支障を来し、周辺の交通渋滞の要因となっていました。
 この「開かずの踏切」を解消し、周辺地区の一体的な土地利用を図るため、昭和37年から戸塚駅周辺の整備を進めてきました。このたび、50年以上を経て戸塚アンダーパスが開通し、戸塚駅周辺の街がさらに生まれ変わります。

横浜・戸塚アンダーパス開通

本日は完成式典(見てないけど)が催され、式典後はトンネルを歩いて通れる「戸塚アンダーパス ウォーキングイベント」があるということで早速行ってきた。明日からは自動車・バイク専用の道路になるのでここを歩いて通れるのは今日が最初で最後だ。
そこそこの人出もあり、老若男女楽しそうにトンネルを歩いている。驚いたことに若い男性が自分の子供(小学前)を連れて歩いているのを幾人も見かけたのには驚きもあり、微笑ましくもあった。
下り方面から往復し、マイクロバスでの通行サービスもありたまたま空いていたので乗ってみた。


タイムラプス(iPhone)で撮影。コマ撮りでちょっと目が回りそうなので閲覧注意。


マイクロバスでトンネルを通過。

© 2002-2017 Shuichi Ueno