読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上野日記

自分が主人公の小さな物語

森博嗣の『封印再度』を読んだ

森博嗣の『封印再度』を読んだ。1997年に講談社より刊行された「M&Sシリーズ」第5弾の長編ミステリー小説だ。英語の題名が「Who Inside」なのも面白い。第3と第4を飛ばしたのはちょっと失敗だったかな。

以下の概要は裏表紙より:

50年前、日本画家・香山風采は息子・林水に家宝「天地の瓢」と「無我の匣」を残して密室の中で謎の死をとげた。不思議な言い伝えのある家宝と風采の死の秘密は、現在にいたるまで誰にも解かれていない。そして今度は、林水が死体となって発見された。二つの死と家宝の謎に人気の犀川・西之園コンビが迫る。

50年前の密室での自殺、そしてその息子が不可解な死を遂げた。不思議な壺と箱がそばにあった。壺の中には箱の鍵と思われるものがあるが、口が小さくて取り出せない。誰が犯人なのか…、警察お手上げだ。犀川と萌絵がその謎に挑む。
ミステリー自体の話の筋とは別に、犀川と萌絵のエピソードが所々に織り込まれている。500ページ以上もある本だから、そんな余計なことは省いてほしいと思いつつ、そんな話にニヤニヤしたり吹き出してっししまったりと、読了後はこれもアリだなと思った。
ただ、ミステリーの結末としてはこんな終わり方もあるんだなと感心してしまった。実に面白い。

© 2002-2017 Shuichi Ueno