上野日記

自分が主人公の小さな物語

東野圭吾の『マスカレード・イブ』を読んだ

東野圭吾の『マスカレード・イブ』を読んだ。2014年8月に集英社文庫より刊行された連作短編集だ。「それぞれの仮面」、「ルーキー登場」、「仮面と覆面」、「マスカレード・イブ」の4編が収録されており、前作の『マスカレード・ホテル』で主人公の二人(新田浩介、山岸尚美)が出会う前の話だ。

以下の概要はAmazonより:

ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に目をつけた。事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を言わない。殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。お客さまの仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが彼の職務。二人が出会う前の、それぞれの物語。「マスカレード」シリーズ第2弾。

それぞれの仮面:山岸尚美がフロントクラークになりたての頃、大学時代の元カレが現れた。彼は元プロ野球選手のマネージャーをしていたのだが、その彼から秘密の依頼をされる。別の部屋にいた不倫相手が突然いなくなったので、ホテルには内密に探してほしい、と。

ルーキー登場:新田浩介が刑事なりたての頃。深夜のジョギングに出た男性が殺された。部下にも慕われ温厚そうな男性で殺される理由がわからない。現場近くに落ちていた複数の煙草の吸殻から、新田はある仮説を思いつく。女の仮面の奥深さを思い知る。

仮面と覆面:美人で売れっ子の女流作家をホテルに缶詰めにして締め切りを過ぎた短編を仕上げようとする出版社。ただ、その女流作家というのは嘘で実はおっさんだった。出版社はそれをひた隠ししているが、どこからか漏れたのかこのホテルを突き止めたオタクたちが作家に一目会おうと画策する。フロントの山岸は出版社の意をくみオタクたち警戒する。ところが…、思わぬ結末に…。

マスカレード・イブ:ホテル・コルテシア大阪の応援を要請された山岸、別々に訪れた男女の接点に気が付く。東京では大学教授が殺され新田が捜査に当たる。事件の夜出張で京都にいた准教授は事件が起きた夜のアリバイを不倫相手に迷惑がかかるので頑なに拒否する。アリバイが確認されれば容疑を掛けられないのに警察としては理解できない。大阪にいる山岸と東京の新田が間接的につながり、事件を解決に結び付ける。

どれもなるほどねと思わせる内容だった。ただ、東野圭吾は何故前作より前の話を書こうと思ったのか不思議だ。『マスカレード・ホテル』の続編はあるのだろうか。気になる。

© 2002-2017 Shuichi Ueno