上野日記

自分が主人公の小さな物語

森博嗣の『すべてがFになる』を読んだ

森博嗣の『すべてがFになる』を読んだ。1996年に講談社より刊行され、第1回メフィスト賞を受賞した「S&Mシリーズ」の第1巻にあたる長編ミステリー小説だ。

概要は裏表紙より:

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。

テレビドラマ化されたので原作を読んでみたいと思ったが図書館は予約数が多くて順番が来るのがかなり先になりそうだ。そんな折、ふと立ち寄った古本屋でこの本を見つけたので早速買ってきた。
孤島の研究所の中、密室で殺人事件が発生し、それを大学助教授と女子学生が解決しようとする。一見普通の密室殺人事件の小説のようだが、そこはいろいろと工夫されていて実に面白い。
テレビでは他のシリーズも原作にしてドラマ化されているようなのでシリーズを制覇したい。森博嗣のファンになりそうだ。

© 2002-2017 Shuichi Ueno