読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上野日記

自分が主人公の小さな物語

東野圭吾の『名探偵の呪縛』を読んだ

東野圭吾の『名探偵の呪縛』を読んだ。1996年に講談社文庫より刊行された長編推理小説で、天下一大五郎シリーズの第2弾だ。第1弾の『名探偵の掟』はテレビドラマは観たがまだ読んでいない。

主人公の推理作家が図書館を訪れると別世界に迷い込み名探偵天下一になっていた。その不思議な世界で起きる本格推理小説張りの密室殺人事件や人間消失トリックを解決しつつ、その不思議な世界が何なのかを突き止める。
自分自身(東野圭吾)に対する戒めなのか、奮起なのか、単なる皮肉なのか、ユーモアなのか、…、不思議な感じの小説だった。

© 2002-2017 Shuichi Ueno