読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上野日記

自分が主人公の小さな物語

伊坂幸太郎の『魔王』を読んだ

伊坂幸太郎の『魔王』を読んだ。2005年に講談社より刊行された長編小説で、ある兄弟の兄を主人公にした「魔王」と、その5年後の弟とその妻を主人公した「呼吸」が収録されている。

政治への不満なのか、憲法改正への問いかけなのか、ファシズムへの抗議なのか。「あとがき」によるとどれも違うらしい。うーん、ようわからん。
過去に読んだ伊坂作品とはちょっと違う感じだ。

© 2002-2017 Shuichi Ueno