読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上野日記

自分が主人公の小さな物語

東野圭吾の『カッコウの卵は誰のもの』を読んだ

東野圭吾の『カッコウの卵は誰のもの』を読んだ。2010年に光文社より刊行された長編ミステリー小説だ。

裏表紙よりあらすじ:

往年のトップスキーヤー緋田宏昌は、妻の死を機に驚くべきことを知る。一人娘の風美は彼の実の娘ではなかったのだ。苦悩しつつも愛情を注いだ娘は、彼をも凌ぐスキーヤーに成長した。そんな二人の前に才能と遺伝子の関係を研究する科学者が現れる。彼への協力を拒みつつ、娘の出生の秘密を探ろうとする緋田。そんな中、風美の大会出場を妨害する脅迫者が現れる―。

娘の出生の秘密を隠す父の前に思わぬ人物が現れる。それは娘の実の父親だった。娘を狙ったと思われる交通事故。犯人は誰なのか。娘の実の母親は誰なのか。隠された謎とそれぞれの思い。父娘の絆は遺伝子の繋がりだけではなく、もっと深いものがあるようだ。
結末は・・・。うーん、そうきたか。さすがは東野圭吾

© 2002-2017 Shuichi Ueno