上野日記

自分が主人公の小さな物語

東野圭吾の『殺人の門』を読んだ

東野圭吾の『殺人の門』を読んだ。2003年に角川書店より刊行された長編サスペンス小説だ。

裕福な家庭の子供が祖母の死をきっかけに転落していくストーリ。お人好しなのか、いいように同級生に操られる。その同級生に対し殺意は抱くものの、なんだかんだと言いくるめられる。読んでいてイライラするし、憂鬱にさせられる。そして、なんか悲しい…。

© 2002-2017 Shuichi Ueno