上野日記

自分が主人公の小さな物語

村上春樹の『1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編』を読んだ

村上春樹の『1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編』を読んだ。2009年に新潮社より刊行された長編小説で、本書は2012年刊行の文庫本だ。

青豆が依頼される最後の暗殺、そして宗教団体「さきがけ」リーダーの不思議な力。『空気さなぎ』を書いた不思議な少女の失踪と「さきがけ」。天吾と猫の町、そして父親の〈説明されないとわからないのであれば、説明されてもわからない〉という不思議な言葉。雷が鳴り響き、リトル・ピープルが入り口を見つけるかもしれない。後編に続く。うーむ、不思議な話はまだまだ続く…。

© 2002-2017 Shuichi Ueno