上野日記

自分が主人公の小さな物語

湊かなえの『少女』を読んだ

湊かなえの『少女』を読んだ。2009年に早川書房から刊行され、『告白』に次ぐ著者2作目の書き下ろし小説だ。「ヒューマンミステリーに位置付けされている」らしい。

主人公は高校2年の<由紀>と<敦子>の親友同士の二人だ。二人は、夏休み前に転入してきた生徒から彼女の友達の自殺発見の話を聞かされ、自分たちも「死」を目の当たりにしたいと考えるようになった。<由紀>は病院へボランティアに行き、<敦子>は老人ホームへボランティアに行き、それぞれ「死」を目撃しようとする。
物語は、<由紀>の視点と<敦子>の視点で交互に語られていく。「死」というテーマを主軸に、彼女らの思い、忘れたい過去の想い出、お互いに相手が自分をどう思っているのかという疑心暗鬼、家庭の事情などが織り交ぜながら話が進む。「ヒューマンミステリー」というだけあって色々な事象や人間関係が次第に絡み合い、思わぬ展開になっていく。話が佳境になるにつれて引き込まれてしまった。登場人物を絡ませすぎじゃないのという感はあったが、なかなか面白かった。

© 2002-2017 Shuichi Ueno