上野日記

自分が主人公の小さな物語

池井戸潤の『果つる底なき』を読んだ

池井戸潤の『果つる底なき』を読んだ。1998年に講談社より刊行され、第44回江戸川乱歩賞を受賞した長編ミステリー小説だ。また、池井戸潤の小説家デビュー作でもある。2000年には渡辺謙主演によるドラマがフジテレビ系列で放送されたらしい。

先日読んだ『下町ロケット』が面白かったので、同じ作者の本を読みたくなった。江戸川乱歩賞を受賞しただけあり、なかなか面白かった。
主人公は銀行の課長代理。その同僚が別れ際に謎の言葉を残し、顧客訪問先途中の車の中で死亡した。死因は蜂に刺されたことによるアナフィラキシーショックだった。その後、彼の不正な送金が発覚する。彼の死や不正な送金に疑問を抱いた主人公は、銀行の裏側に隠された闇に立ち向かい真相を突き止めていく。

作者は元銀行員だけあって、業務の話がリアルに描かれていてなかなか興味深かった。選評に、阿刀田高「銀行ミステリーの誕生を宣言する作品だ」、大沢在昌「銀行業務における情報の処理、銀行マンとしての主人公のプライド、事件、人物の動かし方……受賞作とすることに異存はなかった」、北方謙三「緊密で上質なミステリーとして成立していた」、高橋克彦「まったく独自の視点で切り込んでくる。新しい分野としか言い様がない」、皆川博子「銀行内部の事情、金の動きは、素人にもわかるように書かれている」、と述べている。

友人のため、恋人のため、自分の信念のため、そして正義を貫き通すため、主人公はなかなかカッコいい。

© 2002-2017 Shuichi Ueno