読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上野日記

自分が主人公の小さな物語

ポータブルHDD購入

2年半前に購入したBuffaloの「LS-WS1.0TGL/R1」でディスクエラー(書き込みエラー。複数のセクタでエラーが発生しているようだ)が発生した。ちょっと壊れるのが早過ぎないか。500GB×2のRAID1(ミラーリング)設定にしているためかどうにかアクセスはできるようだ。元々バックアップ用に購入したディスクなのだが、このディスクにしかないファイルもあるので、簡単に捨てるわけにはいかない。修理に出してもデータの保証はないし、ディスク交換だとそれなりの値段もかかる、ということで新しい外付けディスクを購入することにした。

ディスク交換可能なRAID5のNASにでもしようかと思ったのだが、そこまでは必要ないかな。また、NASだと無線LANではやはりデータ転送が遅すぎるのでUSB接続にするか、と色々悩み結局同じBuffaloのHD-PCT1TU3-Bにした。「耐衝撃」や「ハードウェア暗号」という選択しもあったが、持ち運ばないのでそれは必要ないかなと考えた。
13日の朝にAmazonで注文したのだが、翌日の午前に届いた。かなり早いので別に文句はないのだが、WEBで発送状況を確認すると「出荷準備中」のままだ。しかも未だに。通常、「発送しました」というメールが届いて、宅配便のWEBサイトで配送状況を確認するが通常なのに、心の準備がないまま玄関の呼び鈴がなり驚いてしまった。ま、じらされるよりはいいのだが……。

ディスクはFAT32でフォーマットされていたのでNTFSでフォーマットしなおした。なんと12時間ぐらいかかってしまった。さて、明日はファイルのコピーだ。


【2011/12/24追記】
LS-WS1.0TGL/R1のディスク削除&フォーマットを実施したところエラーが消えた。たぶん、ソフト的な障害(RAIDファイルシステムの管理情報が壊れた)だったのかもしれない。一度障害が発生したので本番用としては怖くて使えないので、RAID0(ミラーリング)に設定(容量1TB)しなおし、バックアップのバックアップとして使うことにして様子をみることにする。ハード的に壊れていないとなれば、障害の原因は東日本大震災以降の停電や計画停電前に電源を切ろうする前に間違って電源タップのスイッチをオフにしたことによるのではないかと思い始めている。

© 2002-2017 Shuichi Ueno