上野日記

自分が主人公の小さな物語

サザン通り・サザン神社をめざして

昨日の天気予報では今日は雨で気温もぐっと下がるということだったが、朝から晴天で気温も高くなった。もう自転車に乗るしかない。という事で、今日は茅ヶ崎のサザン通りとサザン神社をめざすことにした。

サザン通りは「普通の町の商店街」と言った感じだった。ただ、今日は茅ヶ崎小学校で「サザンの絆ライブ in 茅ヶ崎小」というイベントがあるらしく、人が集まりはじめていた。

サザン神社だ。

サザン神社の中。まぁ、町おこしの一角なのだが、もうちょっとやりようがあったのではと思わせる作りだ。事前にネットで調べていたのでガッカリはしなかったが……。

サザン通りをサザンビーチ方面に走り国道134号線に突き当たらる。そして江ノ島方面に自転車を向ける。江ノ島近くの浜辺では「東日本大震災チャリティーサーフミート」をやっていたが、観客はまばらで、知らないバンドが知らない歌を一所懸命歌っていた。TBSの「情報7days ニュースキャスター」でビートたけし東日本大震災に関連して「『僕には歌うことしかできません』と言って、知らない歌手が知らない歌を永遠と歌っていた」というジョークを思い出してしまった。


今日も暑かった。江ノ島からの帰りは、『青の炎』の少年が走ったコース、先日の逆を走ってみた。土日はさらに渋滞しているのでなかなかスピードは出せないし、しかも今日は向かい風でドロップハンドルの下をつかんで風の抵抗を受けないようにしてもペダルは重い。由比ヶ浜を左に折れ、鶴岡八幡宮の参道を走る。今日も鎌倉は観光客でごった返していた。

【本日の記録】
 走行距離:60.2Km、最高速度:45.1Km/h、平均速度:17.0Km/h
 移動時間:3:32、停止時間:0:51
 2011年積算距離(走行回数):1401.7Km (18回目)

© 2002-2017 Shuichi Ueno