上野日記

自分が主人公の小さな物語

箱根をめざして

天気がいいので自転車に乗ることにした。今日は小田原方面をめざすことにしたが、気温も高いし、ちょっと風が強いので目的地は行けるところまでということにした。とりあえず、調子が良ければ箱根湯本の手前で旧東海道に分かれる道があるのでそこを走れればと思い出発した。箱根湯本駅からその先は急な坂になりとても登ることができないと諦めたのが数年前だ。そこでエボルタ君が歩いた旧東海道だったらひょっとしたら登れるかと考えた。

出発時は太ももが重く、小田原までも無理かと思ったら割と簡単についてしまったので、その先をめざした。ゆるい上り坂が永遠と続くのではと思わせるほど長い坂道が始まり、ようやく箱根湯本が見えてきた。その手前で左に曲がる。三枚橋の上から撮った写真だ。駅には(たぶん)新型のロマンスカーが止まっていた。この手前ですれ違った時車体にVSEと書いてあったのできっと“50000形VSE”だろう。
旧東海道に入るとなんといきなり上り坂が始まった。しかも結構きつい。ここまで50Km近く走ってきたので簡単には登れない。数100m走っては休憩を繰り返し登っていたが、そろそろ限界に近くなったので引き返そうかどうかと思いながら休憩していたら、バスから降りてきたおばちゃんと目が合い「こんにちは」と挨拶された。60歳過ぎぐらいだろうか、こんにちはと挨拶を返し、ここは旧東海道ですよねと念のため訊いてみた。「そうですよ」と来たので、まだ坂は続くのかと続けざまの質問をした。「そうね。もうちょっと続くかな。そしてちょっと平坦になって、また登って……」と丁寧に説明してくれるのだが、アバウト過ぎてよくわからない。坂が続くのならもう帰ろうかなと言ったら、「あらそう、xxまで行くといいわよ。私なんか2時間かけて歩くんだから」と。知らない地名だったので忘れてしまったが、お礼を言ってもう少し先まで走ってみることにした。しばらく走ると元箱根まで9Kmの標識が現れたが、急な上り坂になったのであきらめて引き返してきた。ちょっと心残りなので、もう一度挑戦してみようかな。


【本日の記録】
 走行距離:111.1Km、最高速度:49.1Km/h、平均速度:20.6Km/h
 移動時間:5:23、停止時間:0:51
 2011年積算距離(走行回数):923.7Km (12回目)

© 2002-2017 Shuichi Ueno