上野日記

自分が主人公の小さな物語

さくらももこの『たいのおかしら』を読んだ。

さくらももこの『たいのおかしら』を読んだ。初期エッセイ3部作『もものかんづめ』『さるのこしかけ』に続く3作目だ。

皮肉っぽい内容もあるが、相変わらず面白い。

先日図書館で『さるのこしかけ』を借りたときは貸し出し中だったのだが、別の本を借りに行ったときダメ元で探したらあったので、思わず借りてきた。帰宅後、図書検索で調べたら既に予約が入っており、グッドタイミングだったのかもしれない。

© 2002-2017 Shuichi Ueno