上野日記

自分が主人公の小さな物語

村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』(第2部)を読んだ

村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』の「第2部 予言する鳥編」を読んだ。副題の「予言する鳥」は、シューマンの「森の情景」の第7曲の題名で、第1部と同じように主人公が聴いていたFMラジオから流れていた曲だ。

相変わらず不思議な話で、展開がよめない。「予言する鳥」のキーワードがなかなか本文に出てこないのでちょっと心配になったが、中盤で「予言する鳥」がシューマンの曲名だと分かった。YouTubeで検索したら、聴いたこともない曲だった。

さてと、「第3部 鳥刺し男編」を読み始めるとするかな。第2部が400ページ超でビックリしたのに、第3部は600ページでまたまたビックリした。

© 2002-2017 Shuichi Ueno