上野日記

自分が主人公の小さな物語

ボジョレ・ヌーボ解禁

今日は11月の第3木曜日。そう、ボジョレ・ヌーボの解禁日だ。テレビでは朝からボジョレの話題を放送している。今年は50年来の出来でおいしいいらしい。ただ、ボジョレは毎年いい出来で、ダメな年はまだ一度もないらしい。

といっても、ボジョレを飲むのは数年ぶりだし、その時の味は当然覚えていない。ましてや普通のワインさえ飲むのは数年ぶりだ。キッチンの引き出し奥にしまっていたワインオープナーのスクリュー部分がさびていたほどだ。

で、早速飲んでみた。その味は……、うーむ……よくわからん。ただ、若いだけあってフルーティーさは残っているようだ。やっぱ、赤ワインは渋みがほしいよね。

© 2002-2017 Shuichi Ueno