上野日記

自分が主人公の小さな物語

そして最後の日……

25年間勤めた会社を6月末で退職する。今日が最後の日だった。ここ数日会社では、過去の資料の整理やデータを行っていた。25年間書き溜めたノート数10冊をパラパラとめくる。ほとんど仕事の内容なのだが、なんだか日記のような感じがした。これを「社外秘ボックス」に捨てるときは、思い出も一緒に捨てるようでちょっとむなしかった。

最終日、みんなから貰った寄せ書きと「音叉」だ。

感激である。いつの間に書いたのだろうのだろうか、とちょっとびっくりもした。音叉はなかなか立派なもので、ネーム入りだ。クラシックギターの練習ももう少しがんばろうかな。

下記写真は、先日の送別会でもらった花束だ。ちょっと照れくさかった。

© 2002-2017 Shuichi Ueno