上野日記

自分が主人公の小さな物語

今度は歯科

歯が抜けても、歯医者に行くをためらっていた。前々から調子が悪く、時々腫れて膿みも出ていたのだが、どうしても我慢できなくなったので観念して、歯医者に行ってきた。診てもらうと、歯の神経が死に腐っていたようだ。とりあえず、死んだ神経を抜き、化膿止めをもらってきた。治療は長期化しそうだ。

これ以外に、歯抜けの治療や、もう少しで抜けそうな奥歯の治療も考えているが、先生の話だとまだまだ先になりそうである。

© 2002-2017 Shuichi Ueno