上野日記

自分が主人公の小さな物語

クリート交換

立ちゴケが怖かったので、外し易いマルチモードのクリートを使用していた。水平方向だけでなく、斜めや上向きにひねってもペダルから外すことができる。ただ、最近、思いもよらないときに外れるようになった。一応クリートは消耗品なので、磨り減ってきたのかもしれない。
そこで、ペダルに付属していたシングルモードのクリートに交換してみることにした。ビンディングペダルにもだいぶ慣れてきたので、立ちゴケの心配はないだろうという自信もあった。
<画像紛失>
【左】マルチモードクリート、【右】シングルモードクリート
見た目の違いは色ぐらいであるが、ペダルとの着脱(接触)部分が微妙に違うようである。マルチはちょっと斜め(丸く)になっているようで、このため外し易いようである。装着感はあまり変わりはしなかった。走りにも影響(違い)はなかったが、ちょっとリリースが固いかなという程度である。元々、水平方向にひねる癖を付けていたので、リリースもスムーズにでき、そう心配することもなかったようである。ただ、最近ロードレース用のSPD-SLペダルとシューズが欲しくなってきたが、昨年買ったばかりなので、もうちょっと我慢しようかな。

© 2002-2017 Shuichi Ueno