上野日記

自分が主人公の小さな物語

今年の走り初め

今年の走り初めである。
天気もよく、風もない。気温はちょっと寒いが、絶好の自転車日和かもしれないと思い、出かけることにした。
昨日箱根駅伝をテレビで観たら、対向車線は交通規制されていないことがわかった。
「よし、駅伝コースを走るしかない」と思い立ち、いつもよりちょっと早い9時に出発した。
平塚辺りですれ違えれば良いかなと思いつつ、1号線134号線を走る。
戸塚を抜けるころは、大学の旗がちらほらだったが、藤沢辺りに入ると道路沿いに人が増えだした。
「まだ、早いのでは?」とか「ひょっとして場所取り?」なんて思いつつ走る。
茅ヶ崎あたりになるともっと人が増えてきた。
なんか見られているような気になり、走り甲斐が出てきて、気分も上々だった。
湘南大橋を過ぎた辺りで先頭を走る早稲田の選手とすれ違った。
「おぉ、これが箱根駅伝か」と思いつつ走り続け、人が多くて写真を撮るタイミングを逃してしまった。
「がんばれ〜!」という声援が自分のためのような気がするほど爽快であった。


気分も乗ってきたので、小田原を目指すことにした。
休みボケで、体もなまったきており、ちょっと心配だったが、大丈夫だったようだ。
午前中は雲ひとつない天気で、空気が澄み切っているのか、富士山がとてもきれいだった。
いつもだったら、ほんの少し霞がかかったような感じだが、これほどくっきりと見えると感動を覚えるほどである。

【本日の記録】走行距離:88.6Km、最高速度:48.6Km/h、平均速度:22.2Km/h、移動時間:3:59、停止時間:0:41

© 2002-2017 Shuichi Ueno