上野日記

自分が主人公の小さな物語

山下公園から東戸塚へ

明日から会社だし、今日は止めておこうかとも考えたのだが、天気もいいし、割と涼しいので軽く流すことにした。とは言え、どこに行くか……。
磯子までは昨日と同じ道をたどり、そこから山下公園方面を目指した。住宅街の歩道は街路樹が植えてあり、日差しを和らげてくれ、のんびり走ることができた。山下公園は相変わらず、観光客でいっぱいだ。木陰でコンビニおにぎりの昼食をとり、しばらくぼんやりとした。鳩と雀がせわしなく餌をついばんでいる。ひとつとなりの木陰では、おじいさんがひとりで弁当を食べている。お昼なので不思議なことではないが、コンビニ弁当ではなく手作りの弁当だ。身なりからして観光客でもなさそうである。おばあさん手作りの弁当なのだろうか、ではなく嫁が外で食べてと持たせたのか、それとも自分でわざわざ作ってきてここで食べているのだろうか……、なんて勝手なことを考えながらお茶を飲む。
一休みしたは良いが、気温も徐々に高くなりはじめた。目的もないので、横浜駅まで走り帰ることにした。ふと思い立ち、折角なので、勤務地の東戸塚を目指すことにした。

東戸塚までもう少しのところで、またパンクしてしまった。今度は穴がひとつだったのでリム打ち(段差による衝撃)によるパンクではなかったようだ。タイヤに傷はなかったので、チューブが原因なのだろうか。それともリムテープが原因か。まぁ、とりあえず様子を見るしかないか。
東戸塚駅とは逆方向から勤務地に向かうのは初めてであった。

 【本日の記録】走行距離:44.5Km、最高速度:48.8Km/h、平均速度:14.4Km/h、移動時間:3:04、停止時間:0:53

© 2002-2017 Shuichi Ueno