上野日記

自分が主人公の小さな物語

2015-03-05から1日間の記事一覧

天童荒太の『悼む人』を読んだ

天童荒太の『悼む人』を読んだ。2008年に文藝春秋より刊行され、第140回直木賞を受賞した長編小説だ。2012年に舞台化、2015年2月は映画が公開された。高良健吾と石田ゆり子が映画の番宣をしていたのをテレビで観たのが読むきっかけだ。ちなみに高良健吾の父…

© 2002-2019 Shuichi Ueno