上野日記

自分が主人公の小さな物語

2014-02-01から1日間の記事一覧

東野圭吾の『祈りの幕が下りる時』を読んだ

東野圭吾の『祈りの幕が下りる時』を読んだ。2013年に講談社より刊行された加賀恭一郎シリーズ第10作の長編推理小説だ。滋賀県から上京してきた女性の腐乱死体が東京のアパートで見つかったのが事件の発端だった。そこには、ある父娘の人生と加賀の母親の人…

© 2002-2019 Shuichi Ueno