上野日記

自分が主人公の小さな物語

2011-06-24から1日間の記事一覧

川上弘美の『蛇を踏む』を読んだ

川上弘美の『蛇を踏む』を読んだ。1996年に文藝春秋より刊行され、第115回芥川龍之介賞を受賞した短編小説である。他に「消える」と「惜夜記(あたらよき)」が収録されている。蛇を踏む:公園の藪で蛇を踏んだ女性、その蛇は女になり「あなたのお母さんよ」と…

© 2002-2019 Shuichi Ueno