上野日記

自分が主人公の小さな物語

海堂尊の『スカラムーシュ・ムーン』を読んだ

海堂尊の『スカラムーシュ・ムーン』を読んだ。2015年に新潮社より刊行された長編小説で、2年前に読んだ『ナニワ・モンスター』の続編にあたる。以下の概要はAmazonより: 僕は、日本という国家を治療したい――海堂サーガ、遂にクライマックスへ! もうすぐ「…

KORGのクリップ型チューナー(AW-LT100G)購入

KORG(コルグ)のクリップ型チューナー「AW-LT100G」を購入した。10数年前に箱型の電子チューナー(メトロノーム付き)を購入したが、数年前に壊れてしまった。音叉もあるしスマホの無料チューナーアプリでも十分だったが、音叉は使い勝手が悪い。特に弦を張り…

中山七里の『どこかでベートヴェン』を読んだ

中山七里の『どこかでベートヴェン』を読んだ。2016年に宝島社より刊行された長編推理小説だ。以下の概要はAmazonより: ニュースでかつての級友・岬洋介の名を聞いた鷹村亮は、高校時代に起きた殺人事件のことを思い出す。岐阜県立加茂北高校音楽科の面々は…

荻原浩の『神様からひと言』を読んだ

荻原浩の『神様からひと言』を読んだ。2002年に光文社より刊行された長編小説だ。知らなかったが、2006年に伊藤淳史主演でドラマ化(WOWOW)されたらしい。今年の6月には小出恵介主演でドラマがNHKで放送される予定だったが、小出の事件で放送中止となった。…

誉田哲也の『ケモノの城』を読んだ

誉田哲也の『ケモノの城』を読んだ。2014年に文藝春秋より刊行された長編小説だ。確か新聞だったと思うが、文庫化の広告を見て読みたくなり、図書館に予約した。以下の概要は裏表紙より: 警察は、自ら身柄保護を求めてきた少女を保護した。少女には明らかに…

又吉直樹の『劇場』を読んだ

又吉直樹の『劇場』を読んだ。2017年5月に新潮社より刊行された長編小説だ。以下の概要はAmazonより: 一番 会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできへんかったんやろな。演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。夢を抱い…

池井戸潤の『アキラとあきら』を読んだ

池井戸潤の『アキラとあきら』を読んだ。2017年5月に徳間文庫より刊行された長編小説だ。最初は2006年から2009年にかけて『問題小説』に連載されたもので、ファンの間では「幻の長編」と呼ばれていたいらしい。7月からWOWOWでドラマ(向井理と斎藤工のダブル…

江の島をめざして

関東地方が梅雨に入って10日になるが、雨らしい雨はそれほど降らない。今日も朝から晴天で真夏のような空だった。ということで自転車に乗ることにした。先日新しいスマホを手に入れたので、その使い勝手もテストしてみたい。目的地は江の島で、海開き前なの…

格安スマホ「gooのスマホ g07+ (グーマルナナプラス)」を購入

PC

gooのスマホ g07+ (グーマルナナプラス)を購入した。以下の写真は、左から iPhone5(4インチ)、g07+(5.5インチ)、MediaPad(8インチ)だ。SIMはMediaPadで使用していた「OCNモバイルONE」(データ通信のみ)を流用する。 約2年前にiPhone5を解約しMediaPa…

鎌倉から江の島をめざして

朝から天気も良く、風もないとくれば、絶好の自転車日和である。最後に乗ったのが昨年の8月なので、なんと9か月ぶりだ。ちょっとサボり過ぎたかな。服装はもちろん夏仕様で、紫外線対策のアームカバー・レッグカバーも忘れない。今日も定番コース、鎌倉から…

東野圭吾の『素敵な日本人』を読んだ

東野圭吾の『素敵な日本人』を読んだ。2017年に光文社より刊行された短編小説集だ。2011~2015年に発表された「正月の決意」、「十年目のバレンタインデー」、「今夜は一人で雛祭り」、「君の瞳に乾杯」、「レンタルベビー」、「壊れた時計」、「サファイヤ…

重松清の『ブランケット・キャッツ』を読んだ

重松清の『ブランケット・キャッツ』を読んだ。2008年に朝日新聞社より刊行された短編集で、「花粉症のブランケット・キャット」、「助手席に座るブランケット・キャット」、「尻尾のないブランケット・キャット」、「身代わりのブランケット・キャット」、…

劇団ひとりの『青天の霹靂』を読んだ

劇団ひとりの『青天の霹靂』を読んだ。2010年に幻冬舎より刊行された長編小説だ。6年前に読んだ『陰日向に咲く』に続く二作目の作品で、先日録画した映画(主演・大泉洋、ヒロイン・柴咲コウ、監督出演・劇団ひとり)を観る前に原作を読んでみた。以下の概要…

重松清の『卒業』を読んだ

重松清の『卒業』を読んだ。2004年に新潮社より刊行された短編小説集で、「まゆみのマーチ」、「あおげば尊し」、「卒業」、「追伸」の4編が収録されている。以下の概要は裏表紙より: 「わたしの父親ってどんなひとだったんですか」ある日突然、十四年前に…

夏川草介の『本を守ろうとする猫の話』を読んだ

夏川草介の『本を守ろうとする猫の話』を読んだ。2017年に小学館より刊行された長編小説だ。以下の概要はAmazonより: 「お前は、ただの物知りになりたいのか?」 夏木林太郎は、一介の高校生である。夏木書店を営む祖父と二人暮らしをしてきた。生活が一変し…

新海誠の『小説 君の名は。』を読んだ

新海誠の『小説 君の名は。』を読んだ。2016年に角川文庫より刊行された小説だ。以下の概要は裏表紙より: 山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。一方、東…

和田竜の『忍びの国』を読んだ

和田竜の『忍びの国』を読んだ。2008年に新潮社より刊行された長編歴史小説だ。今年7月に大野智・石原さとみ出演で映画が公開されるらしく、その宣伝をテレビで観て読んでみたくなった。氏の作品は、5年前に読んだ『のぼうの城』に次いで2冊目となる。以下の…

角田光代の『紙の月』を読んだ

角田光代の『紙の月』を読んだ。2012年に角川春樹事務所より刊行され、同年第25回柴田錬三郎賞を受賞した長編サスペンス小説である。2014年に原田知世主演でテレビドラマ化され、同年11月15日には宮沢りえ主演で映画化もされた。その映画が、昨年末BS-TBSで…

住野よるの『よるのばけもの』を読んだ

住野よるの『よるのばけもの』を読んだ。2016年に双葉社より刊行された長編諸説だ。『君の膵臓を食べたい』、『また、同じ夢を見た』に続く三作目となる。以下の概要はAmazonより: 夜になると、僕は化け物になる。寝ていても座っていても立っていても、それ…

「ページトップへ戻る」ボタンとFont Awesome

PC

ホームページで実装した「ページトップへ戻る」ボタンもこちらでもできないかと検索したところ、たくさんのサイトがヒットした。それじゃあボタンのフォントもFont Awesomeを使用したいと思い検索すると、こちらも見つかる。へぇー、世の中便利になったもん…

はてなブログ用テーマを作成

PC

はてなブログでは自分でテーマを作成することができることを知り、早速作ってみた。取りあえず「ホームページ」と同じ色合いにしてみた。デザイン的には余りぱっとしないが、まぁこんなもんかな。テーマストアに登録して使用するのだが、ここで「公開」に設…

「はてなダイアリー」から「はてなブログ」へ移行

4年前に「はてなブログ」に登録してからそのままにしていたが、ようやく踏ん切りたついて(というより、思い出して)移行することにした。躊躇していた原因は、「はてなダイアリー」にはブログ記事全体をバックアップ(PCに保存)する機能があったのだが、そ…

ホームページのフレームワーク変更

PC

事の発端は「暇だし、ホームページのテンプレートを新しくしようかな」と思ったことだ。Bingのサイト診断ツール「モバイルフレンドリテスト」で警告が出ていたのが少し気になってもいた。そこで「ホームページ テンプレート 無料」で検索すると、たくさんの…

羽田圭介の『スクラップ・アンド・ビルド』を読んだ

羽田圭介の『スクラップ・アンド・ビルド』を読んだ。2015年に文藝春秋より刊行され、第153回芥川賞を受賞した小説だ。テレビで作者を見るたびにいつか読みたいと思っていたら、昨年12月にNHKでドラマが放送されようやく踏ん切りが付き図書館に予約した。以…

東野圭吾の『雪煙チェイス』を読んだ

東野圭吾の『雪煙チェイス』を読んだ。2016年に実業之日本社より刊行された長編ミステリー&サスペンス小説だ。以下の概要は裏表紙より: 殺人の容疑をかけられた大学生の脇坂竜実。彼のアリバイを証明できる唯一の人物―正体不明の美人スノーボーダーを捜し…

荻原浩の『なかよし小鳩組』を読んだ

荻原浩の『なかよし小鳩組』を読んだ。1998年に集英社より刊行された長編小説だ。昨年末に放送され録画したドラマ「ダメ父ちゃん、ヒーローになる」が面白そうなので図書館で借りてきた。ただ、荻原氏のデビュー作『オロロ畑でつかまえて』の続編だと後で知…

浅田次郎の『日輪の遺産』を読んだ

浅田次郎の『日輪の遺産』を読んだ。1993年に青樹社より刊行された長編小説だ。昨年11月28日にBS朝日で映画(主演・堺雅人)が放送されたので、まずは原作を読んでからと思い図書館に予約しようやく読むことができた。以下の概要はAmazonより: 終戦直前、帝…

初詣に行ってきた

明けましておめでとうございます毎年のことだが、今年も鶴岡八幡宮に初詣に行ってきた。気温はかなり低いが今年も快晴で絶好の初詣日和となった。鎌倉の写真一覧はこちらをクリック。そして今年のおみくじは「末吉」でした。「中吉(2009)→吉(2011)→小吉(2012…

荻原浩の『海の見える理髪店』を読んだ

荻原浩の『海の見える理髪店』を読んだ。2016年3月に集英社より刊行され、第155回直木三十五賞を受賞した短編集だ。「海の見える理髪店」「いつか来た道」「遠くから来た手紙」「空は今日もスカイ」「時のない時計」「成人式」の6編が収録されている。以下の…

東野圭吾の『恋のゴンドラ』を読んだ

東野圭吾の『恋のゴンドラ』を読んだ。2016年11月に実業之日本社より刊行された連作短編集だ。「ゴンドラ」「リフト」「プロポーズ大作戦」「ゲレコン」「スキー一家」「プロポーズ大作戦 リベンジ」「ゴンドラ リプレイ」の7編が収録されている。スキー場を…

吉田修一の『太陽は動かない』を読んだ

吉田修一の『太陽は動かない』を読んだ。2012年に幻冬舎より刊行された「鷹野一彦シリーズ」第1弾となる長編産業スパイ小説だ。以前に読んだ『森は知っている』は2作目だが、時系列的には過去の話で主人公の鷹野の高校時代の話が中心になっている。以下の概…

中山七里の『いつまでもショパン』を読んだ

中山七里の『いつまでもショパン』を読んだ。2013年に宝島社より刊行された岬洋介シリーズの第3弾の長編推理小説だ。以下の概要はAmazonより: ポーランドで行なわれるショパン・コンクールの会場で、殺人事件が発生した。遺体は、手の指10本が全て切り取ら…

綿矢りさの『手のひらの京』を読んだ

綿矢りさの『手のひらの京(みやこ)』を読んだ。2016年9月に新潮社より刊行された長編小説だ。以下の概要はAmazonより: なんて小さな都だろう。 私はここが好きだけど、いつか旅立つときが来る――。 奥沢家三姉妹の日常に彩られた、京都の春夏秋冬があざや…

HDDレコーダー購入

5年前に買ったパナソニックの「DIGA DMR-BWT510-K」が壊れたので、新しくHDDレコーダーを購入した。1年くらい前から時々録画を失敗したり、画質が乱れたりと前兆はあったのだが、とうとう録画できなくなってしまった。ハードディスクが壊れたらしい。という…

池井戸潤の『陸王』を読んだ

池井戸潤の『陸王』を読んだ。2016年7月に集英社より刊行された長編小説だ。以下の概要はAmazonより: 勝利を、信じろ――。足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といって…

二つの事故(バイクと転落)を目撃

毎朝の日課としてウォーキングをしている。数か月前からはポケモンGOとIngressもやりだしたので、それまで40分程度で歩いて(時々ジョギング)いた5Km足らずの道のりが、1時間半以上もかかるようになってしまった。そろそろ寒くなったので、朝ウォーキングは…

長岡弘樹の『赤い刻印』を読んだ

長岡弘樹の『赤い刻印』を読んだ。2016年5月に双葉社より刊行された短編ミステリー小説だ。6月に読んだ『傍聞き』の母娘が登場すると新聞広告で読み図書館に予約した。「赤い刻印」、「秘薬」、「サンクスレター」、「手に手を」の4編が収録されている。以下…

村上春樹の『図書館奇譚』を読んだ

村上春樹の『図書館奇譚』を読んだ。2014年に新潮社より刊行された短編小説だ。初出は某百貨店のPR誌「トレフル」に1982年6月号から11月号に掲載され、1983年9月に『カンガルー日和』という短編集に収録され平凡社より出版された。5年前に読んだ『ねむり』と…

東野圭吾の『危険なビーナス』を読んだ

東野圭吾の『危険なビーナス』を読んだ。2016年8月に講談社より刊行された長編推理小説だ。以下の概要はAmazonより: 弟が失踪した。彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である夫の家族に近づく。兄で…

村田沙耶香の『コンビニ人間』を読んだ

村田沙耶香の『コンビニ人間』を読んだ。2016年に文藝春秋より刊行され、第155回芥川龍之介賞を受賞した長編小説だ。以下の概要はAmazonより: 36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのは…

小川糸の『ツバキ文具店』を読んだ

小川糸の『ツバキ文具店』を読んだ。2016年に幻冬舎より刊行された長編小説で、小川糸の作品は5年前に読んだ『食堂かたつむり』に続き2冊目だ。以下の概要はAmazonより: 言いたかった ありがとう。言えなかった ごめんなさい。 伝えられなかった大切な人ヘ…

湘南をめざして

朝からうす曇り、気温は高くなるが直射日光は避けられそうなので厳しい暑さにはならなさそうだと思い、自転車を走らせることにした。まぁ、一番の目的は「ポケモンGO」と「Ingress」だけどね…。日曜だからなのか、お盆だからなのか、鎌倉は今日もいつも通り…

みなとみらいをめざして

今日はゲリラ豪雨の心配もなく、朝から快晴、絶好の自転車日和だ。さっそく出かけることにした。久しぶりの街方面で「みなとみらい」をめざすことにした。写真は横浜港大さん橋より撮影した。写真一覧:横浜みなとみらいをクリック。

池井戸潤の『金融探偵』を読んだ

池井戸潤の『金融探偵』を読んだ。2004年に徳間書店より刊行されたミステリー連作短編集だ。「銀行はやめたけど」「プラスチックス」「眼」「誰のノート?」「家計簿の謎」「人事を尽くして」「常連客」の7編が収録されている。以下の概要は裏表紙より: 失…

ポケモンを探しに湘南を走ってきた

昨日は5月並みの気温で、今日も割と涼しい。絶好の自転車日和だ。それに、日本でも「Pokemon GO」が公開されたので、早速ポケモンを探してみることにした。鎌倉から湘南にかけて、海水浴場には海の家も立ち並び、夏の準備は万端だ。学校は夏休みに入ったらし…

中山七里の『おやすみラフマニノフ』を読んだ

中山七里の『おやすみラフマニノフ』を読んだ。2010年に宝島社より刊行された岬洋介シリーズ第2弾の長編推理小説および音楽小説だ。以下の概要は裏表紙より: 第一ヴァイオリンの主席奏者である音大生の晶は初音とともに秋の演奏会を控え、プロへの切符をつ…

ドライアイで眼科へ

もう7年以上になるだろうか、完走すると左目が痛くなる。症状としてはドライアイのような感じだ。以前は冬場の乾燥した日に痛くなっていたのだが、昨年あたりから暖かく湿度が高い日でも痛くなりだした。きっかけは8年前の小脳梗塞だと思っているのだが、角…

横山秀夫の『陰の季節』を読んだ

横山秀夫の『陰の季節』を読んだ。1998年に文藝春秋より刊行された短編集で、「陰の季節」「地の声」「黒い線」「鞄」の4編が収録されている。第5回松本清張賞を受賞し、第120回直木三十五賞の候補になった作品だ。 舞台は『64(ロクヨン)』と同じくD県…

姪の結婚式に行ってきた

熊本の姪(妹の娘)の結婚式に招待された。3年半ぶりの帰省だ。姪に会うのは6年半ぶりかな。招待の連絡は熊本地震の前だった。Facebookで繋がっている高校の同級生(熊本市内在住)の息子の結婚式が、地震の影響で式場が壊れ中止となったと知り、私も慌てて…

長岡弘樹の『傍聞き』を読んだ

長岡弘樹の『傍聞き』を読んだ。「かたえぎき」と読むそうな。2008年に双葉社より刊行された推理小説の短編集だ。「迷走」「傍聞き」「899」「迷い箱」の4編が収録されている。表題作の「傍聞き」は第61回日本推理作家協会賞短編部門を受賞した作品だ。 1…

© 2002-2017 Shuichi Ueno